>> スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています


>> 「菓子パン記事アレンジ ・ シナモンロール」 連載の補足 <9/30掲載> 完



11-01


前回(9/22)にアップした「ちぎりパン」、
みなさんおいしく焼けましたかー?

さてさて、
7月より連載させていただいた自家製酵母パンレシピも、
いよいよ今回13週目で最終回。

最後にご紹介するのは、
前回に引き続き菓子パン生地のアレンジで、
スパイシーな香りが魅力のシナモンロールです。

今回は初心者さんにも扱いやすいように、
簡単な成形のレシピをご紹介してみました。

広げた生地にシナモンシュガーを振り、
手前からくるくるーって巻いて6等分に切り分け、
2次発酵して卵液塗ってあられ糖のせて焼くだけ。

特別な技術も焼型も不要なのですが、
これがなかなか本格的なお味でウマウマなのですよ♪

とは言えこちらは天然酵母の生地なので、
お店のそれとはやっぱりどうしても柔らかさが違ってしまうのだけれど、
カラダへの負担が少ないから少しくらい食べすぎちゃっても平気なのです。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

* これまでにご紹介した補足一覧
  <おさらいにご活用を♪>



第1週 「酵母おこし」 <7/1掲載分補足>

第2週 「元種づくり」 <7/8掲載分補足>

第3週 「酵母液と元種の保存方法」 <7/15掲載分補足>

第4・5週 「基本の生地 まるパン 上・下」 <7/22・29掲載分補足>

第6週 「基本生地アレンジ・直火焼きマフィン」 <8/5掲載分補足>

第7週 「基本生地アレンジ・フォカッチャ」 <8/12掲載分補足>

第8週 「基本生地アレンジ・ベーグル」 <8/19掲載分補足>

・ 第9週 「基本生地アレンジ・ツナマヨパン」 <8/26掲載分補足>

第10・11週 「基本の菓子パン生地 ミルクパン 上・下」 <9/2・9掲載分補足>

第12週 「菓子パン生地アレンジ・ちぎりパン」 <9/16掲載補足分> 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて本題に...


生地づくり〜1次発酵完了までは基本の菓子パン生地・ミルクパンの作り方と同じ。

1次発酵完了した生地のガスを抜きながら軽く丸めなおし、
固く絞った濡れ布巾を掛け20〜30分ベンチタイムへ。

では下記よりベンチタイム完了後からの工程を、
順を追って丁寧におさらいしてみましょう。





11-02

 1 生地を伸ばす

 ベンチタイムが終わった生地を台に置き、
 約20×15の長方形に伸ばす。

 角を手でひっぱりながらながら
 麺棒で伸ばすと簡単。






11-03

 2 シナモンシュガーを振る

 伸ばした生地にシナモンシュガーをたっぷりと振る。

 手前・奥・左右の生地を少し残す感じで。





11-04

 3 手前から巻く

 シナモンシュガーを振ったら
 手前からクルクルと奥に向かって巻く。

 巻き終わりを指できちんと圧着。

 ★適当に圧着してしまうと、
 2次発酵の際に生地が開いてしまうので慎重に!





11-05

 4 6等分に切る

 巻き終わった生地を包丁で6等分に切り分ける。

 小さくしたければもう少し細くのばしてから
 お好みで8等分などに切り分けても◎。





11-06

 5 2次発酵

 オーブンシートを敷いた天板に、
 切り口を上にして生地を並べ、
 天板ごとビニール袋に入れて温かい場所(25-28℃)で
 2倍に膨らむまで2次発酵。





11-07

 6 2次発酵完了

 こんな感じで2倍に膨らめば2次発酵完了。

 巻き終わりをきちんと圧着したのだけれど、
 やっぱり少しだけ広がってる...(中央)






11-08

 7 仕上げ〜焼成

 仕上げにツヤ出しの卵液を刷毛で塗り、
 さらにあられ糖をかわいくトッピング。

 こちらはあってもなくてもOKなので、
 お好みでどうぞ。

 200℃に予熱したオーブンで約13分焼成スタート





11-09

 8 焼き上がり

 こんがり香ばしく焼き上がり!

 お砂糖が焦げやすいので、
 様子を見ながら焼き上げて。





11-10

 多めに焼いて、
 冷凍保存しておくと便利。

 あられ糖が溶けやすいので、
 保存する場合はあられ糖なしが無難。



静岡新聞読者さんをはじめ、いつもご観覧いただいている全国の皆さん、
3ヶ月間新聞連載の補足にお付き合いいただきありがとうございました!

まだまだお伝えしきれないことやご紹介したいことがどっさりあるのですが、
それはまたいつか機会がありましたらご紹介したいと思っています。

掲載レシピに関してのご質問等は引き続き受付中です。
下のコメント欄またはメイルにてお気軽にお問い合わせくださいね♪


ありがとうございました。



< 完 >


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


<材料>6個分
強力粉(ハルユタカBL)    200g
元種(りんご酵母)       60g
きび砂糖             30g
天然塩             小さじ1/2
牛乳(豆乳)          110cc (湿度により加減)
バター(食塩不使用)     20g

シナモンシュガー       適宜
つや出し卵液         (卵黄1/2 + 水 大さじ1)
あられ糖            適宜(あれば)







* こちらのレシピ本に掲載されている配合より、
 更に作りやすい配合と成形に変更しました。
 










■ ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「菓子パン生地アレンジ ・ ちぎりパン」 連載の補足 <9/16掲載>



10-01

前回(9/10)にアップしたミルクパン、
みなさんおいしく焼けましたか?
(焼けてるといいな♪)

今回はミルクパンと同じ生地を使って、
ぽこぽこお山が楽しい”ちぎりパン”を焼きますよー。

まったく同じ生地なのに、
カタチをちょこっと変えるだけで
楽しくて食べやすいパンに変身しちゃうのです。

成形は小さく丸めた生地を好きなように並べるだけなので、
初心者さんでも、不器用さんでも、チビッコさんでも、
誰でも簡単で楽ちーん。

ちなみにレシピ本では12×12の正方形型を使いましたが、
もしオウチに同じ位の型があれば使用してもOKですよ!
小さなリング型なんかも可愛くてオススメ。

また、更なるアレンジとして、
生地の中にジャムやチョコを詰めたり、
ゴマ・ナッツ・フルーツなどをトッピングするなど、
お好みでいろんなお味や食感を楽しんでみて♪



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

* これまでにご紹介した補足一覧
  <おさらいにご活用を!>



第1週 「酵母おこし」 <7/1掲載分補足>

第2週 「元種づくり」 <7/8掲載分補足>

第3週 「酵母液と元種の保存方法」 <7/15掲載分補足>

第4・5週 「基本の生地 まるパン 上・下」 <7/22・29掲載分補足>

第6週 「基本生地アレンジ・直火焼きマフィン」 <8/5掲載分補足>

第7週 「基本生地アレンジ・フォカッチャ」 <8/12掲載分補足>

第8週 「基本生地アレンジ・ベーグル」 <8/19掲載分補足>

・ 第9週 「基本生地アレンジ・ツナマヨパン」 <8/26掲載分補足>

第10・11週 「基本の菓子パン生地 ミルクパン 上・下」 <9/2・9掲載分補足>



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて本題に...


生地づくり〜1次発酵完了までは基本の菓子パン生地・ミルクパンの作り方と同じ。

1次発酵完了した生地をまず2分割し、さらにそれぞれを9分割して、
合計18個(2台分)に分割した生地を用意する。

それぞれを軽く丸めたら固く絞った濡れ布巾を掛け、
20〜30分ベンチタイムへ。
ベンチタイム完了後は再び丁寧にに丸めなおします。

では下記よりベンチタイム完了後からの工程を、
順を追って丁寧におさらいしてみましょう。





10-02

 1 成形する

 ベンチタイムが終わった生地を再びきれいに丸めなおす。
 この時のカタチ次第で出来上がりが決まるので、
 ここは丁寧にカタチを整えて。
 裏のとじ目は開かないようにきちんと圧着。





10-03

 2 2次発酵スタート

 オーブンシートを敷いた天板に、
 とじ目を下にして隣同士がくっつくように生地を並べ、
 大きめのビニール袋に天板ごと入れ、
 温かい場所(25〜28℃)に置き、
 約2倍に膨らむまで2次発酵させる。





10-04

 3 2次発酵完了

 2次発酵完了の様子。
 ふっくら2倍に膨らみました。

 生地の表面がピンと張って弾力があれば、
 発酵完了の合図。





10-05

 4 仕上げと焼成

 2次発酵が完了したら、
 混ぜ合わせたつや出し用卵液を刷毛で塗り、
 200℃に余熱したオーブンで約15分焼く。





10-06

 5 焼き上がり

 色よく美人さんに焼けました。

 つや出し卵は塗らなくてもOKですが、
 その場合は艶なしのマットな仕上がりになります。

 どちらでもお好みでどうぞ。





10-07




 大好きな人たちと、
 ひと山ずつちぎって食べたら楽しいねー。

 おすそわけにはリボンをかけて♪




さてさて、7月よりスタートした連載も、
次回9/30でいよいよ最終回!!
(9/23は祝日のため夕刊はお休みデス)
ラストも引き続き基本の菓子パン生地を使用した
アレンジレシピをご紹介しますよー

オタノシミニ。





>> 毎週金曜に静岡新聞夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧あれ。





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


<材料>2台分
強力粉(ハルユタカBL)    200g
元種(りんご酵母)       60g
きび砂糖             30g
天然塩             小さじ1/2
牛乳(豆乳)          110cc (湿度により加減)
バター(食塩不使用)     20g
つや出し卵液         (卵黄1/2 + 水 大さじ1)






* こちらのレシピ本に掲載されている配合より、
 更に作りやすい配合と成形に変更しました。
 










■ ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「基本の菓子パン生地 ミルクパン 上・下」 連載の補足 <9/2・9掲載>



09-01


7月より静岡新聞の連載を始めてから早2ヶ月が過ぎ、
あっという間に9月突入。

うだるほど厳しい猛暑の夏もようやく終わり、
いよいよ秋の気配を感じる季節となってまいりました。

気温の高い日々続きで慌しくグングン発酵していた酵母たちも、
徐々にのんびりと落ち着きを取り戻す季節の到来でもあります。

また、新たな酵母を育て始めるにもいい季節。
これから始めようと思っている人は、
今スタートするのがオススメ。

この連載で使用しているのはりんご酵母のみですが、
他の素材で酵母を起こして試すのもまた楽し。

そうだな、
たとえば今の時季なら手軽な和梨が一押し。

我が家でも毎年必ず酵母を起こしては
パン焼きを楽しむ果物なのだけれど、
これが見事に私と相性がよく、
酵母起こしから半年以上ものロングランで活躍してくれる、
とってもとっても頼もしいヤツなのですよ。

発酵力も安定感もあって、
初めてさんでも失敗が少ない酵母のひとつなので、
興味があればぜひ一度お試しあれ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

* これまでにご紹介した補足一覧
  <おさらいにご活用を>



第1週 「酵母おこし」 <7/1掲載分補足>

第2週 「元種づくり」 <7/8掲載分補足>

第3週 「酵母液と元種の保存方法」 <7/15掲載分補足>

第4・5週 「基本の生地 まるパン 上・下」 <7/22・29掲載分補足>

第6週 「基本生地アレンジ・直火焼きマフィン」 <8/5掲載分補足>

第7週 「基本生地アレンジ・フォカッチャ」 <8/12掲載分補足>

第8週 「基本生地アレンジ・ベーグル」 <8/19掲載分補足>

第9週 「基本生地アレンジ・ツナマヨパン」 <8/26掲載分補足>



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて本題に...


生地づくり〜1時発酵完了までは基本生地まるパンの作り方とほぼ同じ。

今回ご紹介する菓子パン生地にはバターが入るため、
基本生地のようにボウルの中では捏ねず、
のし台の上でパン生地とバターを馴染ませながらしっかりと捏ね上げる。

バターを加えると途端にベタ付き少々焦ってしまうかもしれないけれど、
大丈夫、しばらく頑張って捏ねていれば生地にス〜ッと馴染み、
ぷくぷく気持ちいい赤ちゃんのほっぺみたいなもち肌に変化するのですョ。
ほんと、気持ちいいの♪

ここから先は「基本生地まるパン」の工程通り、
1時発酵完了まで焦らず丁寧に進めていきましょう。






09-02

 1 分割とベンチタイム


 このパンはクラムのしっとり感を楽しみたいので、
 分割は大きめに2分割でOK。

 それぞれを丸め直し、
 濡れぶきんをかけてベンチタイム20分。





09-03


 2 成形する


 ベンチタイムが終わった生地を手でのばし、
 さらにめん棒で楕円形し、
 奥から1/3・手前から1/3を
 それぞれを真ん中に向けて折り、
 真ん中を押さえながらさらにふたつに折り、
 とじ目を指でしっかり圧着する。





09-04


 3 カタチを整える


 両手で生地を転がしながら、
 なまこ形にカタチを整える





09-05


 4 2次発酵スタート


 オーブンシートを敷いた天板に、
 とじ目を下にして生地を置き、
 大きめのビニール袋に天板ごと入れ、
 温かい場所(25-28℃)に置き、
 約2倍に膨らむまで2次発酵させる。





09-06


 5 2次発酵完了

 2次発酵完了の様子。
 ふっくら2倍に膨らみました。

 生地の表面がピンと張っていたら
 2次発酵完了の合図。

 










09-07


 5 仕上げと焼成

 2次発酵が完了したら、
 よく切れる包丁やナイフなどで
 縦に4本切れ目(クープ)を入れ、
 混ぜ合わせたツヤ出し用卵液を刷毛で塗り、
 200℃に予熱したオーブンで約15分焼く。





09-08


 6 焼き上がり


 つやつや美人さんに焼あがり。

 香りも最高!





さて次週の掲載からは、
今回ご紹介した基本の菓子パン生地を使用した
アレンジレシピをご紹介していく予定です。

オタノシミニ。





>> 静岡新聞 7月より毎週金曜夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧あれ。





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


<材料>2個分
強力粉(ハルユタカBL)    200g
元種(りんご酵母)       60g
きび砂糖             30g
天然塩             小さじ1/2
牛乳(豆乳)          110cc (湿度により加減)
バター(食塩不使用)     20g
つや出し卵液         (卵黄1/2 + 水 大さじ1)





* こちらのレシピ本に掲載されている配合より、
 更に作りやすい配合と成形に変更しました。
 










■ ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「基本生地アレンジ・ツナマヨパン」 連載の補足 <8/26掲載>



08-01


引き続き、
基本生地でのアレンジレシピ「ツナマヨパン」をご紹介。

これ、チビッコからオトナまで大好きな組み合わせですね〜
かく言うワタクシも大好物。

むふ。

上↑の撮影時に焼いたのは、ツナマヨ少なめバージョンだけれど、
お好みでどっさりのせるとかなりボリューミー!

ツナマヨ苦手よ〜って方は、他の具材でお試しを。
コーンとマヨを和えたのが、個人的にはオススメ。

今回ご紹介しているのは結構大きなサイズなので、
基本のまるパン風に6分割で作れば、
小さなチビッコサイズになりますよ。






08-02

1時発酵完了までは、基本のまるパンと同じ工程 → コチラ

生地のガスを抜いたあと、4分割でそれぞれ丸めてベンチタイム20分。

ベンチ終了後、生地を裏返してガスを抜きながらめん棒で10cmの楕円にのばし、
手前から1/3、奥から1/3の順に真ん中に向けて折る。
真ん中を押さえながらさらに半分に折り、その端(とじ目)を指でしっかり圧着して閉じ、
両端が細くなるように両手で転がしながら形を整えて、天板に隙間を空けながら並べる。

天板ごとビニール袋に入れて暖かい場所(25-28℃)に置き2次発酵スタート。
約2倍ほどに膨らみ生地肌がピンと張った状態になったら2次発酵完了。





08-03

表面にナイフでスーッと1本切り込みを入れ、
その切れ目にツナマヨ(オイルを切ったツナ・塩コショウ・マヨネーズを和えたもの)をのせ、
お好みでマヨネーズをトッピングして200℃に余熱したオーブンで約13分焼く。

仕上げにパセリをぱらりとしたら完成。

* ↑上の画像では焼く前にパセリをトッピングしていますが、
  焼き上がってからの方が色がきれいに仕上がりますヨ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さてさて、
これまで4回に渡りご紹介してきた基本生地のアレンジレシピは、
とりあえず今回にておしまい。

次回からは甘〜い菓子パン生地へとつづく...



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


基本のまるパン生地の材料と作り方の工程は、
コチラをご覧ください。

連載第1週目「酵母の育て方」からご覧になりたい場合は、
画面右側に並んでいるカテゴリ(categories)の、
下から2番目にある「新聞連載記事」にて、
7月より掲載されたレシピの補足がご確認いただけますよー。

ご参考までに!




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


>> 静岡新聞 7月より毎週金曜夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧くださいね♪




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「基本生地アレンジ・ベーグル」 連載の補足 <8/19掲載>



07-01

引き続き、
基本生地でのアレンジレシピ「ベーグル」をご紹介。 

このところ、
あれやこれや色々忙しくて、
後回し、後回しってしてたら、
掲載日からだいぶ経ってしまったけれど...

参考までに、ザックリと。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ベーグルの特徴は、さっと茹でてから焼くという、
他のパンにはない工程があること。

茹でることにより、あの、なんとも言えない独特な
ムッチリとした歯ごたえが生まれるのです。

おもしろくて、感動です。

特に天然酵母のベーグルならではの、
しっかりとした噛み応えと香りはやみつきに!

一度にたくさん焼いて、冷凍しておくと便利。






07-02

1時発酵完了までは、基本のまるパンと同じ工程。 → こちら

生地のガスを抜いたあと、6分割でそれぞれ丸めてベンチタイム20分。

ベンチ終了後、生地のガスを抜きながらめん棒で楕円にのばし、
長い面を手前から三つ折り。
更に15cmにのばして長い面を手前からきつめに巻き、
巻き終わりをしっかりと指で閉じる。

生地を両手で転がし、20cmの棒状にのばし、
ドーナツ状に輪にし、片方の端を平らにのばして
反対側の端を包み込むようにくっつけてリング状にしたら、
綴じ目を指でギュっと圧着してリング状にする。

形を整えながら、12×12角に切ったオーブンシートに生地をのせ、
バットや天板に隙間を空けながら並べ、
乾燥に気をつけながら温かい場所で2次発酵スタート。

ひとまわり程ふっくら膨らみ、
生地肌がピンと張った状態になったら2次発酵完了。

大きめの鍋にお湯を沸かし、砂糖を大さじ1(分量外)を加え、
下に敷いたオーブンシートごとお湯に入れ、片面10秒ずつゆでたら天板へ並べ、
予め200℃に余熱しておいたオーブンで、約13分程焼く。

オーブンによってパワーやクセが違うので、
様子を見ながらおいしそうなきつね色になるまでじっくりと。






07-03

冷凍保存にする場合は、
完全に冷めてから1つずつラップに包み更に密閉袋に入れて冷凍庫へ。

食べるときには自然解凍した後、
軽く表面を焼いてあげるとおいしく召し上がれます。

好みのお野菜をサンドしてもおいしい。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




基本のまるパン生地の材料と作り方の工程は、
コチラをご覧ください。

連載第1週目「酵母の育て方」からご覧になりたい場合は、
画面右側に並んでいるカテゴリ(categories)の、
下から2番目にある「新聞連載記事」にて、
7月より掲載されたレシピの補足がご確認いただけますよー。

ご参考までに!




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


>> 静岡新聞 7月より毎週金曜夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧くださいね♪




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「基本生地アレンジ・フォカッチャ」 連載の補足 <8/12掲載>



06-01

8月最後の日曜日、
みなさんいかがお過ごしだろうか。

ワタクシはといえば、
夏の間お休みしていたイベントを、
9月より復活するためその準備等で、
ここ1週間はあっちこっち動き回っておりましたー。

いやはや、
しばしお休みしていたおかげで、
すっかり体が鈍ってしまいましたよ...

とほほ。

そんなこんなで更新がだいぶ滞ってしまったけれど、
8/12掲載の「フォカッチャ」の補足をザックリとご紹介。

とは言え、
このパンは補足をする程の複雑な工程はなく、
生地を伸ばして、発酵させて、穴あけて、
ブラックオリーブのっけて、オイル塗って、塩ふって、焼く。

と、まぁこんな感じで、
すさまじく簡単な工程なのでございます。

忙しい時や、途中で作るのイヤになっちゃった時など、
急遽フォカッチャに変更しちゃうのも有り!
何事も、臨機応変に。

マイペースでのんびり焼けるのが、
天然酵母の良いところなのです。






06-02

1次発酵完了までは、基本のまるパンと同じ工程。 → こちら

生地のガスを抜いたあと、4分割でそれぞれ丸めてベンチタイム20分。

ベンチ終了後、麺棒で丸く伸ばし天板へ乗せて2次発酵スタート。
1.5〜2倍に膨らめば2時発酵完了!

生地に指をさして穴を開け、
ブラックオリーブをトッピング。
ブラックオリーブはお好みでOK。
そのまま焼いてもシンプルでウマウマ!

オリーブオイルを塗り、
最後においしい天然塩をぱらり。

200℃に予熱したオーブンで約13分焼いたら完成!





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




基本のまるパン生地の材料と作り方の工程は、
コチラをご覧ください。

連載第1週目「酵母の育て方」からご覧になりたい場合は、
画面右側に並んでいるカテゴリ(categories)の、
下から2番目にある「新聞連載記事」にて、
7月より掲載されたレシピの補足がご確認いただけますよー。

ご参考までに!




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


>> 静岡新聞 7月より毎週金曜夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧くださいね♪




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−



>> 「基本生地アレンジ ・直火焼きマフィン」 連載の補足 <8/5掲載>



05-01

更新さぼり、すっかり夏休みしちゃいました...

さてさて、随分遅くなってしまいましたが、
静岡新聞にて7月より連載中のパンレシピをサクッと補足。

今日は8/5掲載分ですよー。

前回の基本生地のまるパンと同じ生地使用で → コチラ
今回は2次発酵完了後の生地、
オーブンではなくフライパンで直焼きしたマフィンをご紹介。

まるパンと同じ生地とは思えないほど、
しっとりモチモチな独特な食感が特徴で、
オーブンがない人でもフライパンひとつあれば焼くことができます。

イングリッシュマフィンのように横から半分に切り、
切り口を軽く炙ってバターを乗せると最高にウマウマ!

新鮮なピチピチ野菜や、
カリカリに焼いたベーコンをサンドしても◎よー。








05-02


1次発酵完了 → 6分割 → 丸める → ベンチ(20分) → 丸め直して成形 → 
2次発酵スタート → 2次発酵完了 → フライパンで焼成 → 完成

基本のまるパンを参考に生地をつくり、2次発酵完了までは同じ工程。
まるパンはここで粉を振ってオーブンで焼きますが、
今回はフライパンで焼くのです。

フライパンを強火で熱し手をかざして熱くなったら、
オーブンシートを敷いてから生地を乗せてふたをする。

火を弱め、焦げに注意しながら片面約10〜13分ずつ焼き、
香ばしい匂いとおいしそうな焼色がつけば完成!






05-03

もっちもちー!



基本のまるパン生地の材料と作り方の工程は、
コチラをご覧ください。

連載第1週目「酵母の育て方」からご覧になりたい場合は、
画面右側に並んでいるカテゴリ(categories)の、
下から2番目にある「新聞連載記事」にて、
7月より掲載されたレシピの補足がご確認いただけますよー。

ご参考までに!







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


>> 静岡新聞 7月より毎週金曜夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧くださいね♪




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「基本の生地 まるパン 上・下」 連載の補足 <7/22・29掲載>



04-01


お待っとさんでございました。

元種も完成し、いよいよパンを焼きますよー。


まずは基本の生地で作る「まるパン」をご紹介。

私がはじめて焼いたのも、このパンで、
ただ丸めて焼くだけなので初めてさんでも失敗なく作れるレシピです。

素材もいたってシンプル。

たまご、牛乳、バターといった動物性食材は一切加えず、
カラダにやさしくて毎日でも飽きないごはんのようなパン。

そのままムシャムシャいただくもよし、
半分に切って好みの野菜やお肉を挟むもよし、
スープに浸すもよし、
とにかくどんなお料理にもベストマッチなのが◎。

ちなみにワタシは半分にしてから表面軽く炙り、
クリームチーズと酸っぱいジャムを挟んでガブリとするのが好き。

さ、余談はこれくらいにして、
連載第4週〜5週のおさらいですよー。

文字数や写真数に制限のある新聞では、
詳しく説明できなかった部分に重点を置き細かくご紹介。




* これまでにご紹介した補足


第1週 「酵母おこし」 <7/1掲載分補足>

第2週 「元種づくり」 <7/8掲載分補足>

第3週 「酵母液と元種の保存方法」 <7/15掲載分補足>








04-02
 1 生地づくり

 大きめのボウルに粉・砂糖・塩を入れ、
 全体をよく混ぜ合わせる。

 その上に元種をのせ、
 水を加えてカードで切り混ぜ、
 粉と水分がなじんだら手でまとめる。

 手のひらでボウルに押し付けるようにこね、
 表面がつるんと滑らかになったらひとまとめに。
 
 ★ 各素材の分量は新聞記事参照
 






04-03
 2 1次発酵させる

 大きめのポリ袋にボウルごと入れ、
 温かい場所(25-28℃)に置き、
 生地が2〜2.5倍になるまで発酵させる。

 

 <発酵の目安>

 夏  6〜8時間
 冬  10〜13時間
 春秋 8〜10時間








04-04
 3 1次発酵完了

 約2〜2.5倍に膨らんだら袋から出し、
 指に粉をつけて生地中央に差し、
 穴が開いたまま戻らなければ
 発酵完了の合図。

 (フィンガーテスト)





04-05
 4 ガス抜きをする

 生地の中に溜まったガスを
 手で数回押して抜き、
 再びひとまとめにしたら
 台の上に移動。

 生地がベタつく場合は
 手に粉をつけてからどうぞ。(手粉という)





04-06
 5 分割する

 ひとまとめにした生地を
 軽く上から押さえて平らにし、
 ナイフやカード等で6等分に切り分ける。

 ベタつく場合は生地の表面に粉をまぶしてからどうぞ。
(打ち粉という)





04-07
 6 生地をまとめる

 切り分けた生地を
 切り口を中に押し込むようにそれぞれ丸める

 





04-08
 7 ベンチタイム

 丸めた生地の上に、
 硬く絞った濡れ布巾をかけ、
 約20分間ベンチタイムをとる。






04-09
 8 成形 → 2次発酵

 ベンチタイムを終えた生地は少し発酵するため、
 中に溜まったガスを軽くつぶし、
 再び丸く形を整え、
 綴じ目を下にしてオーブンシートを敷いた天板へ
 隙間を空けて並べる。

 大きめのポリ袋に天板ごと入れ、
 温かい場所(25-28℃)に置き
 約2倍になるまで2次発酵させる。

 





04-10
 9 仕上げ → 焼く

 2次発酵が完了した生地に
 茶漉しで強力粉(分量外)をふる。

 200℃に余熱したオーブンに入れ、
 約13分焼成スタート。


 ★ 生地が膨らんで隣同士がくっついても、
 気にせずそのまま焼く。

 無理に離すとせっかく膨らんだ生地が萎むので注意







04-11
 10 焼き上がり

 こんがりおいしそうな焼色がつけば焼き上がり。

 ★ オーブンにより焼き上がり時間に差があるため、
  焼色が薄かったり焦げてしまう場合は、
  焼成時間や温度を調整してください。




 



酵母育て〜パンが焼けるまでを、
5週に渡りご紹介してきましたが、
世界でたったひとつ、
自分だけの特別な酵母さんで焼いたパンは、
きっとどんな豪華なパンよりも、
おいしくて感動的だったのではないでしょうか。

ここまで出来たらあとはひたすら焼きつづけるのみ!

失敗と成功を何度も繰り返しながら、
酵母パン生活を存分に楽しんでくださいね♪


ひとまず、おつかれさんでしたー。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて次週の掲載からは、
今回ご紹介した基本生地を使用した
アレンジレシピをご紹介していく予定です。

オタノシミニ。





>> 静岡新聞 7月より毎週金曜夕刊にて連載中 

生活彩々のページ内にてひっそり連載中デス。
ご興味のある方はぜひご覧あれー♪





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


・追記(8/8)

静岡新聞をご覧になれない方から、
丸パンの配合について沢山お問い合わせをいただいたので、
遅くなりましたが詳細をアップします。



<材料>6個分
強力粉(ハルユタカBL)    200g
元種(りんご酵母)       60g
きび砂糖            大さじ1
天然塩             小さじ1/2
水(天然水)          110〜120cc (湿度により加減)




* こちらのレシピ本に掲載されている配合より、
 更に作りやすい配合に変更してみました










■ ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン







−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−−−−−

>> 「酵母液と元種の保存方法」 連載の補足 <7/15掲載>



新聞補足03-1


「元種も完成したことだし、いよいよ今週からパン焼き〜ルン♪」

と、楽しみにされていた新聞読者のみなさん、ゴメンナサイ。
やはり期待外れでございましたね...

しかーし、これから天然酵母さんと付き合うにあたり、
今週の掲載記事は外せないわけなのですよ、どーしても。

すくすく育った酵母さんや元種さんを、
元気なまま使い続けられるようにするには、
やはりそれなりの管理が必要なのです。

せっかく時間をかけて育てた酵母さんですからね、
大事に大事にしてあげなくちゃ。

管理と言ってもなにも難しいことはなく、
使わないときには冷蔵室にてしばし冬眠していただくのだけれど、
途中で何回かゴハン(糖分)を与えたり、
発酵力を高めるために室温に戻してリフレッシュしてあげたり、
いつでも使えるようにベストな状態を維持するのです。

上↑の写真は我が家の常備酵母さんたち。
手前から、きんかん、プルーン、もも、いちご、ローズマリー...
その他、玄米、梅、りんご、レーズン、梨、酒粕、ヨーグルトなどなど、
常時8〜10種程の酵母たちがも冷蔵庫にスタンバイし、
パンの種類や発酵力の強弱でそれぞれを使い分けている。

もちろん皆さんはこんなに沢山用意する必要はありませんよ。
(むしろこんなにあったら冷蔵庫パンクします...)

いろいろな素材で酵母をおこすのは、管理に慣れてからが無難。

まずみなさんは今回育てた元気な酵母さんをきちんと管理・保存して、
常時パンが焼けるベストな状態を維持できるよう、
酵母さんとの付き合い方を学びましょう。







新聞補足03-2

 もも酵母をリフレッシュ中。


 小さじ1のきび糖と湯冷ましを適量加え、
 暖かいところに放置。
 (今なら室温でOK)

 1〜2日で再び発泡したら
 リフレッシュ完了。

 冷蔵室にて再び保存。

 リフレッシュしても発泡しなくなったら酵母が弱った証拠。
 またはじめから作り直そう。








新聞補足02-4
 こちらは元種の様子。

 1回使用したら、再び酵母液と粉を加え、
 暖かいところに置きかさが2倍になったら冷蔵室へ。

 翌日より使用可能。

 この状態で2週間は保存可。

 2週間以上保存する場合は、
 途中で何度か上の工程を繰り返しながら保存する。

 発酵力が弱まったら始めから作り直し。
 
 

<各分量>

強力粉  60g
酵母液  50cc

* 2週目掲載の「元種を育てる」 と同じ工程で。 





新聞補足03-3


 ←今週の掲載はこんな感じ。

 詳しくは7/15静岡新聞夕刊ご参照。





 さぁいよいよ次週からパン焼スタートです!




* 連載内容に関してのお問い合わせやご質問等は
  お気軽に下のコメント欄またはメイルにてどーぞ。


   コチラ → chipakoya@live.jp










■ ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン
−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−

>> 「元種づくり」 連載の補足 <7/8掲載>



新聞補足02-1

連載2週目、「元種づくり」の補足。 

1週目でご紹介した酵母おこし、
みなさんのりんご酵母さんは元気に育ちましたかー?

みごと成功した人(オメデトー)、
残念ながら失敗しちゃった人(負けるなー)、
まずは初めての酵母おこしお疲れさまでした。

結果はどうであれ、私の記事で天然酵母に興味を持ち、
実際に酵母おこしに初挑戦したという事が何よりも素晴らしいし、
この一歩があるのと無いのとでは、今後のパン焼生活に大きな違いがあると思う。

なんたって天然酵母から自分で育てちゃうなんて、
なんだかちょっとカッコイイじゃない?

ふふん♪

残念ながら失敗しちゃった人も大丈夫!
はじめから上手く出来る人なんて、なかなかいません。

誰にでも簡単にできないところが、
天然酵母の面白いところでもあるのですよ。

私もかれこれ6年ほど天然酵母パンと付き合っているけれど、
毎回成功するとは限らないし、同じ素材でも季節や産地や鮮度によって全然違うし、
育てる人や環境によっても全く違ってきます。

素材も違えば作り方や環境や道具だって違うのだから、
みんながみんな同じように酵母を育てることなんて絶対に出来ないこと。
だから人と比べるなんてナンセンス。

天然酵母というものは十人十色。
人それぞれだということをぜひ覚えておいてほしい。


「もーやめた」とか、「自分には向いてない」とか、
すっかり凹んで弱音吐いちゃってる人、
さぁ気持ちを楽にしてもう一度はじめから作り直しますよー!
大丈夫、諦めずに続けていれば必ず成功する日が来るのだー!
ガンバレー!! ファイトー!!!


酵母おこしが完了した人は、
次のステップ「元種づくり」へ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

酵母液をそのまま仕込み水として加えてもパンは出来るけれど、
これだと発酵力が弱くてとても不安定。
発酵にも長時間かかり効率も悪ければ失敗も増...

そこで、酵母さんのチカラをさらにパワーアップさせるために
酵母液に小麦粉を加えて発酵させた「元種」というパンの素を作ります。

これがイースト菌の代わりとなり、
常時スタンバイしておけばいつでも天然酵母パンが焼けるのです。


<材料>

りんご酵母液          50cc × 3回分
強力粉(国産)          60g × 3回分


<Point>
* 保存瓶(500cc以上の容量があるもの)を用意し、フタも一緒に煮沸消毒してよく乾かしておく。
* 使用する強力粉はポストハーベストの心配のない国産の小麦粉で。(ハルユタカなど)
* 液と粉を混ぜ合わせる菜ばしは清潔なものを用意。(熱湯消毒すると安心)






新聞補足02-2 
 <1日目>

 1 煮沸消毒した清潔な瓶を用意し、
   酵母液50ccと強力粉60gを入れる。

 2 清潔な菜ばしで液と粉を
   混ぜ合わせる。
   (粉っぽさが残っている状態でOK)

 3 生地を平らにならしてフタをして
   生地のラインに輪ゴムで印をつける

 5 25℃〜28℃くらいの暖かい場所に置き、
   かさが2倍に膨らんだら冷蔵庫で一晩生地を休ませる。



<Point>
* 液と粉は粉っぽさが残っている程度に混ぜ合わせておけばOK。
* 発酵させる場所が30℃以上にならないように注意
  (夏は冷房のきいた部屋で、冬は暖房のきいた部屋で)
* 生地のかさが2倍になるまではフタは開けない。(ガス抜きの必要なし)






新聞補足02-3



 ← かさが2倍になった様子。


 この状態で冷蔵室へ入れ、
 一晩生地を休ませる。

 <1日目終了>











新聞補足02-4   <2日目>

 1 冷蔵室から瓶を取り出し、
   1日目と同様に1回分の液と粉を加える。

 2 清潔な菜ばしでかきまぜる。

 3 生地を平らにならし蓋をして
   生地の高さに輪ゴムで印を。

 4 適温の場所に置き生地のかさが
   2倍になるまで発酵させる。

 5 ←画像のように2倍になったら冷蔵室へ。

   <2日目終了>








新聞補足02-5   <3日目>

 1 2日目同様冷蔵室から瓶を取り出し、
   残りの液と粉を加える。

 2 清潔な菜ばしでかきまぜる。

 3 生地を平らにならし蓋をして
   生地の高さに輪ゴムで印を。

 4 適温の場所に置き生地のかさが
   2倍になるまで発酵させる。

 5 ←画像のように2倍になったら冷蔵室へ。

   <3日目終了>

 * 翌日より元種として使用可能。

<Point>
* すぐに使用しない場合はそのまま冷蔵室にて保存。
* 2倍になった元種は冷蔵室に入れると酵母が落ち着き少しかさが下がる。
* 完成した元種はむやみにかき混ぜない。(雑菌が入るため使用時意外は触らない)







新聞補足02-6


 


 ←7/8掲載(夕刊)
 第2週「元種をつくる」


 
 ご興味のある方は、
 静岡新聞でご確認を。
 






* 連載内容に関してのお問い合わせやご質問等は
  お気軽に下のコメント欄またはメイルにてどーぞ。


   メイル → chipakoya@live.jp






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



・ イベントのおしらせ。



side worksよりイベントのおしらせです。


* 7/17(sun) 用宗あおぞら市 9:00-13:00



2ヶ月に1回用宗海岸沿いにて開催される、
恒例のあおぞら市に参加します!

当日は会場前のビーチも海開き♪
海水浴をしながらお買い物も楽しめるのはこの日1日だけ!

ゆるりと流れる贅沢な海辺時間を味わいに、
お誘い合わせのうえぜひお立ち寄りくださいね〜



・ 詳しくはこちらで  →  Chipakoya  − side works −





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−









>> パンやお菓子の素材を買うならこちらがオススメ <<










■ ランキング参加中

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

 












JUGEMテーマ:天然酵母パン
−−−−−−−−−−−−−−−−− P R −−−−−−−−−−−−−



       
       *レシピ本のご紹介*
訂正とお詫び



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



キセツノオスソワケ
      Chipakoyaのお店ができました


 
【 event & kichi 】 2016.4月-5月

■ 4/29(fri) 春のマルシェ山梨(甲府駅前)

■ 5/3 (tue) DOUBLE(浜松)

■ 5/7 (sat) kichi開放日(Chipakoya)
■ 5/8 (sun) 同上
■ 5/9 (mon) 同上

■ 5/15(sun) 森、道、市場。(愛知/蒲郡)

■ 5/21(sat) kichi開放日(Chipakoya)
■ 5/22(sun) 同上

■ 5/28(sat) クラフトフェアまつもと(松本)
■ 5/29(sun) 同上

詳細はコチラ ・・・ click




    



著作権


4/25 春の手しごと
3/6  レモンカード
12/10 冬の手しごと
11/30 霜月のkichiおやつ
11/25 季節の手しごと
9/7  黒糖お山パン
8/15 夏色みそディップ
7/14 スコーンとマフィン
6/29 黒ブールと朝ごぱん
6/3  初夏の手しごと/青梅
5/18 エピ、ライ葡萄、バゲット
5/12 手しごとイロイロ
1/25 パンときどきオヤツ
1/22 レモンコンフィ
1/15 おせち'15/七草粥
12/30 X'mas cake '14
12/27 シュトレン'14
12/3 プレーンと黒糖クルミ
10/26 男前チャバタ
10/23 コルプ型で焼くブール
10/20 ガトー・ウィークエンド・シトロン
9/22 ブール
9/13 丸パン、ベーグル、フォカッチャ
8/24 初秋の手しごと
8/4  kichiオヤツと夏の手しごと
6/27 パン、オヤツ、時々珈琲
5/29 おひさまホットケーキ
4/30 山葡萄ライ麦パンとイロイロ
3/25 kichiパンのキロク
3/10 バゲット・お山・スコーン
2/19 山葡萄パンとパテとスープと
2/4  おやつのプレート
1/27 バゲットとあたらしい子
1/21 kichiマフィンとオヤツ
1/14 kichiブールと朝ごぱん
12/27 Xmas cake '13
12/16 kichiパンとオヤツ
12/10 シュトレン2013
11/20 バゲットとkichiパン
11/5 レモンタルトとりんごマフィン
10/25 ゴロゴロチーズとバゲット
10/14 スコーンとビスケット
9/25 kichiパン:ブール
9/8 不機嫌カンパーニュ
8/31 夏のイロイロ
8/5 きょろちゃん日和
7/29 基地パンのキロク
7/24 基地パンのキロク
7/16 カンパーニュ
7/3 すももシャーベット
7/1 ライ麦フルーツ
6/25 夏しごと
6/17 最近の焼きモノ
6/7  チーズとチビちゃん
6/3  初夏のてしごと
5/28 バゲット・ブール・スコーン
5/10 おひさまベーグル
5/3  ベーコンエピ
4/26 季節の手しごとイロイロ
4/23 土鍋で塩むすび
4/18 チビお山ときのこお豆さん
4/16 バゲットとかお菓子とか
4/11 オクリモノのキロク
4/5  いつものブール
3/28 ケイクとビスケ試作
3/26 山ぶどうと黒糖お山
3/14 ざくざくベジビスケ
3/6  ブール(1cw)
3/1 全粒粉とクランベリー
2/26 ホブス
2/21 ガトーショコラ'13
2/13 オスソワケ便のキロク
2/5  ブール(ミナミノカオリ>
1/31 朝ごぱんのある風景
1/28 オマケのおチビちゃん
1/21 フィグとチーズ
1/16 カンパーニュ
1/9  黒豆まるパン
1/5  '13おせちのキロク
12/31 おせち準備室'13
12/28 X'mas cake '12
12/27 米粉スポンジ
12/25 三つ編みリースぱん
12/18 シュトレン'12
12/12 シュトレン'12
12/6 全粒粉100%ベーグル
11/29 朝ごパンのある風景
11/22 バゲットと瓶詰めと
11/16 ベジチョコクッキー
11/13 続、秋のてしごと
11/07 あんぱんと秋のてしごと
11/02 ぶどうのお山パン
10/30 バゲットとコウモリ君
10/26 林檎のマフィン
10/23 ベーコンエピ
10/19 バターロール
10/16 バゲットとビスケ
10/4 秋のてしごと
9/27 秋色ウチごはん
9/18 朝ごパンと焼プリン
9/7  全粒粉100%まるパン
8/30 くるくるチョコリング
8/28 ホウレンソウのキッシュ
8/22 オマケのベーグル
8/10 パンドミ
8/2  干しぶどうのパン
7/31 おひさまホットケーキ
7/27 レモンチーズケーキ
7/25 夏色ウチごはん2号
7/17 平焼きパン
7/13 もも酵母とか
7/10 むっちりベーグル
7/6  夏色ウチごはん
7/3  試食バゲット+α
6/26 桃しごと2012
6/19 カンパーニュ
6/13 6月の手しごと
6/6  ベーコンエピ
5/31 初夏の手しごと
5/23 ミルクパン
5/16 バゲット・ビスケ・ドーナツ
5/9 お山パン
5/1 コンポシャーベ
4/19 シナモンロール
4/13 カンパーニュ風
4/10 パンケーキ
4/2  日々ごパン
3/28 いちご酵母さん
3/21 オマケのキロク
3/14 黒糖お山パン
3/11 ふきのとう味噌
3/2  ショコラブール
2/26 むっちりベーグル
2/22 爆発バゲット
2/20 大きなミルクパン
2/16 ゴハン党
2/13 濃厚ブラウニー
2/8  らぶチョコぱん
2/6  バゲットピザ
1/30 いちごの季節
1/26 あんぱん
1/20 バゲットとアレンジ
1/13 オムレツとおすそわけ
1/6  くろまめパンケーキ
1/4  '12おせちのキロク
12/31 焼納め:お山パン
12/27 年の瀬しごと
12/25 X'mas cake '11
12/23 米粉でスポンジ
12/20 シュトレン'11
12/16 シュトレン試作と準備
12/16 焼き茸のオイルマリネ
12/12 ちびチーズケーキ
12/8 干し果物の洋酒漬け
12/6 チーズケーキ
12/3 小さなブール
11/28 大きなまるパン
11/24 日々のてしごと
11/14 干し柿
11/9 アップルパイ
11/1 バターロール
10/27 青柚子シロップ
10/12 山葡萄のハードパン
10/4 シナモンロール(連載補足/完)
9/21 ちぎりパン(連載補足)
9/10 ミルクパン上下(連載補足)
9/6 ツナマヨパン(連載補足)
9/1 ベーグル(連載補足)
8/28 フォカッチャ(連載補足)
8/20 直火焼マフィン(連載補足)
8/11 焼きチーズタルト
8/5 きょろちゃん参上
7/31 まるパン上下(連載補足)
7/25 ハードなチーズパン
7/19 チョコのわっかケーキ
7/15 酵母保存方法(連載補足)
7/13 山葡萄の田舎パン
7/9 元種づくり(連載補足)
7/4 酵母おこし(連載補足)
6/29 ベーコンエピ...etc
6/21 もも、はじめました
6/16 ルバーブ、はじめました
6/14 ふあふあお山パン
6/8  水切りヨーグルトのケーキ
6/3  ベリーベリーサワーシロップ
5/30 梅しごと
5/25 素朴プリン
5/23 山ぶどうパンとベジスコーン
5/11 さくらんぼのコンポート
5/8  試食バゲットとオマケ
5/2  バターロール
4/21 焦がし田舎パン
4/5  シナモンロール
3/29 ぼってりデカパン
3/21 いちごタルト
3/8  おまけベーグル
2/24 チョコとナッツのわっかパン
2/21 ビスケとボーロ
2/14 デコドーナツ
2/7  酵母仕込み
2/1  爆発バゲット
1/28 ベーグル
1/21 ドーナツと珈琲
1/8  黒糖お山パン
1/5  おせちのキロク '11
12/26 X'mas cake '10
12/14 オマケのキロク(12月)
11/30 シュトレン '10
11/25 干し柿と干しりんご
11/18 手創り市オマケのキロク
11/12 かぼちゃプリン
11/4 干しもの、旬もの。
11/1 カイザーゼンメル
10/27 試食バゲット と ちびカレンズ
10/25 栗しごと
10/19 林檎のタルト<ベジ仕様>
10/14 べーぐる祭
10/12 おまけのキロク(10月)
10/5 豆乳ベーグル
9/28 チョコとナッツのわっかパン
9/23 秋のてしごと
9/15 パンネクック
9/13 ジンジャーエール
9/9  おまけのキロク(9月)
9/6  シカクぱんdeフレンチトースト
8/31 シカクぱん
8/26 ブルーベリータルト
8/24 ブレッチェンとバゲット
8/18 有機ブルーベリージャム
8/11 クネッケ
8/9  ある夏の日の朝ごはん
8/6  キョロちゃん出動!
8/4  ハードな山葡萄パン
8/2  失敗シカクぱん
7/29 アメリカンマフィン
7/26 フォカッチャとマフィン
7/21 すもも酵母さん完成
7/14 お届けパン便
7/11 オマケのキロク(7月)
7/7  バゲットとベーグル
6/29 シアワセくんビスケ
6/27 梅しごと、その後
6/23 桃しごと・枇杷しごと
6/22 ぽっぽパン
6/16 嫁入りバゲットたち
6/11 梅しごと−シロップ−
6/10 ミルクパン
6/9  梅しごと−青うめ酵母−
6/7  嫁入りカンパーニュ
6/6  クラフトフェアと戦利品たち
6/3  オマケのキロク(5月)
5/28 山ぶどうのスコーン
5/24 米粉のいちごロール
5/21 うどん粉パスタ
5/19 カンパーニュ
5/17 飴屋ごっこと東京土産
5/11 試食バゲットと昔ドーナツ
5/9 ドーナツ研究部
4/30 山葡萄と黒糖のお山パン
4/27 女子会とおデザ盛り
4/26 やらかいカンパ
4/21 オマケ豆乳プチ
4/15 パンケーキ
4/12 バゲットとスコーン
4/1  レモンタルト
3/30 試食用バゲット
3/27 はちみつバターパン
3/21 シナモンロール
3/16 初出演したパンたち
3/13 いつものベーグル
3/10 春のめぐみ
3/8  ハニーグラハムクラッカー
3/4  ブレッチェン
3/2  試食用バゲット
2/26 きんかん酵母を仕込む
2/24 冬野菜たちのピクルス
2/22 黒糖とカレンズの四角パン
2/16 ガトーショコラ'10
2/12 ハードなクランベリーさん
2/9  ちびちびお山パン
2/6  手みやげマフィン
2/3  直焼マフィン
2/1  クネッケ
1/27 試食バゲットとおまけパン
1/20 黒糖と黒豆のお山パン
1/12 焼きいもベーグル
1/7  あけましてバゲット
12/31 黒オリーブとベーコンのエピ
12/24 X'mas cake '09
12/22 シュトレン'09
12/17 酒粕酵母の仕込み
12/3 ライ麦のまるパン
11/30 マクロビスコーン
11/18 レーズンブレッチェン
11/12 ゆずみつ
11/10 試食バゲットとおまけ
11/7 クネッケ
11/4 干しりんご
10/28 ひつじの米粉ビスケ
10/22 ゴロゴロチーズパン
10/19 紅玉のノンオイルケーキ
10/14 田舎ぱん
10/7 定番ベーグル
10/2 和栗のチビ山パン
9/25 ぱん・ど・み
9/16 バゲット
9/11 木の実パン
9/9 もっちりプレーンマフィン
9/7 お豆とナッツのクルクルパン
9/3 バタール
9/1 ご報告と豆乳ビスケット
7/15 びわのシャーベット
7/13 黒バゲット
7/11 リッチスコーン
7/9 ハニーグラハムクラッカー
7/7 粉しごと−手打うどん−
7/2 ドライトマトとバジルのフーガス
6/30 豆乳ロールパン2種
6/29 もちもち豆乳ドーナツ
6/25 ルバーブのタルト
6/23 黒糖とカレンズのお山パン
6/21 桃しごと(ジャム)
6/19 おいしくする道具
6/17 梅干し仕込み
6/15 ローズマリー酵母
6/11 ベーグル5種
6/10 実山椒
6/8 バゲット@依頼品
6/4 うめ酵母
6/3 豆乳ビスケット
6/2 黒糖ベーグル
6/1 おすそわけ便の記録
5/29 ドライトマト
5/25 イベント用バゲット
5/21 ぱん・ど・み
5/19 レシピ本発売!
5/18 バタール
5/13 ちりぎ列車パン
5/12 米粉のいちごロール
5/6 おつかいものパン
4/30 米粉クッキー
4/27 クランベリーチーズ
4/21 ピタパン
4/15 ベーコンエピ
4/14 おすそわけ便の記録
4/8 米粉バターロール
4/6 ウインナーパン
4/4 カレンズのちび山パン
4/2  ポコポコちりぎパン
3/31 カイザーゼンメル
3/29 いろいろパン
3/24 いちご酵母完成
3/19 玄米粉のお山パン
3/17 春のてしごと
3/13 玄米粉ベーグル
3/12 春のてしごと
3/10 試作6種@依頼品
3/7  ひと結びバターロール
3/4  いちご酵母仕込み
3/2  おつかいものパン
2/25 おすそわけ便<如月>
2/24 イングリッシュマフィン
2/20 チョコバナナマフィン
2/16 ガトーショコラ'09
2/12 パンドカンパーニュ
2/9  きんかん酵母完成
2/7  キューブクッキー
2/5  黒糖べーぐる
2/4  山ぶどうパン
2/3  おすそわけ便<睦月>
1/30 きんかん酵母仕込み
1/29 木の実のブール
1/23 黒糖deぱんどみ
1/20 いちご大福
1/13 バタールさん
1/6 今年もよろしく
12/30 '08 焼き納めパン
12/25 x'mas cake '08
12/23 x'mas cake<依頼>
12/18 おすそわけ便
12/11 シュトレン'08
12/10 ラム酒漬ドライフルーツ
12/9 ハチミツレモンマフィン
12/5 パン オ ショコラ
12/2 カイザーゼンメル
11/28 ハルユタカ全粒粉カンパーニュ
11/25 しょうがみつ
11/22 おすそわけ便
11/18 全粒粉とクランベリー
11/12 バタール
11/7 水切りヨーグルト
11/5 ハニーグラハムクラッカー
10/31 アップルシナモンロール
10/28 シンプルまるぱん
10/25 フレンチトースト
10/20 黒ぶどう酵母
10/15 おすそわけ便
10/8 栗の渋皮煮
10/5 葡萄のお山パン
9/25 かぼちゃタルト
9/21 白いちぢくジャム
9/19 ルバーブジャム
9/17 胡桃と無花果のブール
9/12 わらじパン
9/10 いちぢく酵母
9/8 いちぢくタルト
9/3 カレンズのちびお山パン
9/2 豆乳バターロール
8/29 とろりんチーズクッペ
8/28 黒糖クランベリーべーぐる
8/24 黒糖味噌べーぐる
8/24 梨酵母完成
8/10 パン オ ショコラ
8/8 プチトマト酵母
8/2 ハードあんぱん
7/27 ポコポコちぎりパン
7/27 かき氷はじめました
7/19 嫁入りパン(文月)
7/18 バニラアイス+桃ジャム
7/13 酵母deマフィン
7/13 ぱん・ど・み
7/5 胡桃とキャラメリゼ林檎
7/2 もも酵母完成
6/29 クッペさん
6/29 プチバナーヌ
6/28 コンフィチュール
6/25 もも酵母
6/21 嫁入りパン(水無月)
6/18 青梅シロップ&サワー
6/15 週末パンいろいろ
6/7 ベーコンエピ
6/7 バタール
6/5 梅酵母完成
6/3 ジンジャーコーディアル
6/1 バタール
6/1 カンパーニュ
5/31 酵母deパンケーキ
5/31 青梅酵母
5/30 青梅の甘露煮
5/25 玄米粉deべーぐる
5/25 ミルクブレッド
5/17 ロシアンクッキー
5/17 レーズンライ麦パン
5/17 ミルクティーシフォン
5/10 くるくるウインナー
5/10 ショコラドカンパーニュ
5/3 クッペくん
5/3 カフェモカシナモンロール
4/30 レモンサワー
4/29 お山ごパン
4/27 ブリオッシュ2種
4/27 コロコロチーズのブール
4/24 玄米酵母完成
4/23 いちご酵母完成
4/20 パン オ ショコラ
4/20 Wチョコべーぐる
4/18 いちごジャム
4/16 いちご酵母再び
4/13 ごぱん1号2号比較
4/13 ごぱん(試作2号)
4/13 ごぱん(試作1号)
4/6 お豆のブール失敗!
4/6 ブリオッシュ失敗!
4/2 いちご酵母完成
4/1 レモンピールのお山パン
3/31 デコカップケーキ
3/29 木の実のライ麦パン
3/27 ちどりクッキー
3/26 いちご酵母
3/24 ビスコッティ
3/22 バケット(失敗)
3/22 チーズクッペ(失敗)
3/20 パン オ ショコラ
3/15 酵母deマクロビスコーン
3/15 フォカッチャ
3/15 金柑とチーズのお山
3/14 レモンピール
3/13 デコポン酵母完成
3/11 レモンカード
3/8 雑穀のカンパーニュ
3/8 酵母de黒糖ドーナツ
3/8 黒糖バターロール
3/6 デコポン酵母さん
3/2 ショコラバナーヌ
3/2 ライ麦と山ぶどう
2/29 金柑のジャム
2/24 ねじりパン
2/24 みのりの丘deカンパ
2/24 ベーコンエピ
2/16 べ〜ぐる
2/15 酵母deスコーン
2/13 チョコレートマフィン
2/13 ガトーショコラ
2/11 ツナコーンぱん
2/9 ぱん・ど・み
2/2 コロコロチーズパン
2/2 柚子ジャムのお山パン
2/2 ショコラカンパーニュ
1/26 クッペくん
1/26 木の実のクッペ
1/26 木の実のカンパーニュ
1/26 ゆでないベーグル3種
1/19 黒糖とお豆のブール
1/19 ゴロゴロチーズのパン
1/12 クッペくん(失敗)
1/12 石臼挽小麦のカンパーニュ
1/6 ミルクパン
12/24 X'mas cake '07
12/15 フォカッチャ
12/9 シュトレン '07
12/2 石臼挽小麦のお山パン
12/2 柚子茶(ジャム)
11/25 ショコラ・カンパーニュ
11/25 黒糖とお豆のブール
11/17 雑穀カンパーニュ
11/17 クランベリーベーグル
11/17 無花果と胡桃
11/16 ラム漬&酵母仕込み
11/14 りんごジャム
11/10 黒ゴマのクッペ&ブール
11/10 ぱん・ど・み
11/9 ぷりん
11/6 りんごのタルト(マクロビ)
11/4 パン オ カレンズ
10/31 スコーン(マクロビ)
10/27 ちびライ麦パン
10/27 フォカッチャ
10/27 シナモンロール
10/20 ひつじのビスケ
10/20 黒糖のお山パン
10/19 ひめりんご酵母
10/14 プチショコラ
10/14 コンポート
10/8 ヨーグルトdeチーズケーキ
10/8 カンパーニュ
9/29 Wちょこべー
9/26 ぶどう酵母完成
9/22 角ぱん失敗の巻
9/21 ぶどう酵母
9/15 かぼちゃパン
9/12 黒ごまホロホロクッキー
9/12 マフィン
9/8  豆腐ココアケーキ
9/8 ベーコンエピ
9/8 ミューズリーバー
9/8 ソバ デ パン
9/1 べーぐる
8/25 くらんべりーチョコ
8/5 ぱん・ど・み
8/3 キョロちゃん日和
8/2 チョコと胡桃のクッキー
7/21 黒ごまのクッペ
7/21 バタールさん
7/19 木の実のライ麦パン
7/18 檸檬のクッキー
7/14 プチパン(クリームチーズ)
7/14 コロネ(やどかりパン)
7/7 フォカッチャ×2
7/7 ダブルチョコパン
7/5 梅シロップその後
6/23 木の実のクッペ
6/23 木の実ベーグル
6/17 梅シロップ
6/17 梅酒
6/16 ハムコーンぱん
6/16 ちび山抹茶あずきパン
6/16 ちび山にんじんパン
6/9 マルゲリータ(失敗生地)
6/9 チョコバナナケーキ(マクロビ)
6/3 チーズプチパン
6/3 ショートブレッド(マクロビ)
6/3 ツナマヨ
6/2 パンケーキ
5/29 らっきょ漬
5/26 豆のお山パン
5/26 フォカッチャ(新玉ネギ)
5/26 フォカッチャ(黒オリーブ)
5/19 チーズ+フルーツべーぐる
5/19 ゴーダチーズべーぐる
5/12 木の実のカンパーニュ
5/3 ぱん・ど・み
5/3 ウインナーロール
4/28 シナモンロール
4/28 ベーコンエピ
4/28 コンフィチュール
4/21 ベーグルたち
4/21 ライ麦のぶどうパン
4/21 バナナチョコケーキ
4/21 ピーナツバタービスケット
4/21 スコーン
4/14 大集合
4/14 木の実パン
4/14 木の実ベーグル
4/14 プティバタール
4/14 チーズのブール
4/14 Wチョコベーグル
4/14 ちょこまる
4/07 ベーグルたち
4/07 木の実のクッペ
4/07 木の実のブール
3/31 黒糖のお山パン
3/29 いちご酵母さん
3/24 レモンカード
3/24 シンプルまるパン
3/24 木の実のカンパーニュ
3/21 フォカッチャ
3/20 酵母さん完成です!
3/18 酵母さんを育てよう
3/17 ちびお山のチーズパン
3/17 ちびちびお山パン
3/17 ブリオッシュ
3/10 いちぢくパン
3/10 黒糖ベーグル
3/09 いちごシロップ
3/08 いちご酵母
3/04 あんぱん
3/03 いちごのロールケーキ
3/03 いちご大福
3/01 きんかんの甘露煮



今日はどのパン焼く?




qrcode
<Mobile site>
携帯サイトはこちらの
QRコードからどーぞ。















© 2006 copyrights. Chipakoya